レッスンから皆様にお伝えしたいこと

レッスンから皆様にお伝えしたいこと

はじめまして!

E-styleのホームページをご覧くださりありがとうございます。
クラシカルな紅茶を、スタイリッシュなエッセンスを取り入れてお伝えしたく、南青山でサロンを開設いたしました。

紅茶教室で何を学ぶのか

「紅茶教室って何を教えるのですか?」と私自身よく聞かれます。

ベーシックコースの紅茶の基本の淹れ方を含む6つのカリキュラムから始まりますが、紅茶の世界は奥深く、一言では語りつくせません。
その味や香りだけではなく、広がる世界があり、 アンティークやテーブルフラワーにもつながります。
また世界至る所で淹れ方や、テーブルコーディネートを変えて飲まれている紅茶は世界の文化を感じることができます。

そして紅茶は心と時間に余裕がないと飲めない飲物。
マシンが淹れてくれるものでもなく、じっくりと茶葉を蒸らす時間も必要です。
日々の生活でほんのわずかでも時間を作り、茶葉を選び、紅茶を淹れ召し上がっていただくと、それがご自身へのリラックスに繋がります。

仕事やその人間関係、家事や子育てに疲れた方々に、心癒していただけるようそんな時間をレッスンで作れたらと思っています。
「ベーシックコース」、「アドバンスコース」に続き、E-styleのコンセプトをご一緒に伝えてくださる方に、認定校となり、登録商標取得のデザインティー®クリエーターの資格を取得できる「ディプロマコース」も開設いたしました。

また、紅茶のある暮らしを楽しむ「エンジョイレッスン」もございます。
ご一緒に紅茶の世界を楽しみませんか。

南青山 紅茶教室 E-style

紅茶は万人受けする飲み物です

紅茶はコーヒー、ハーブティーと比較すると、苦手な方が少ない飲み物と言えます。

お客様へのおもてなしにも向く紅茶。

その紅茶の淹れ方に自信がないという方が実はとても多いのです。
ちょっとしたコツをつかめば、おいしい紅茶を淹れることができます。

そして何回も淹れてみることが大切。
レッスンでの実習は重要です。

是非ご家族や友人においしい紅茶を淹れて差し上げてください。

お気軽にご参加ください

紅茶のレッスンというと「敷居が高い」と思われることもありますが、
E-styleのレッスンは皆様の生活にちょっとしたエッセンスを加えるようなもの。
特別なものではありません。
 
また、紅茶のことはよく知らないという方もウエルカム。
新しく知ることが多いと思うので感動も大きいはず。
たくさん感動していただけることは講師としては嬉しい限りです。
 
お一人でのご参加もお待ちしております。
ほとんどの方がお一人でのご参加で、レッスンで仲良くなられるのが
当サロンの特徴でもあります。
和気あいあいとした楽しい雰囲気でレッスンを進めています。
週末レッスン、平日レッスン、短期集中レッスンの中から
ご自身に合うものをお選びください。

クリスマスパーティー 南青山 紅茶教室 E-style デザインティー®クリエイター

デザインティー®について

「見てもおいしい!」がコンセプト。
グラスの中で層に分かれたり、紅茶を新しいカタチで表現したものがデザインティー。
その名前を商標登録しました。

インスタ映えや、おもてなしにも向くデザインティー。
これからもワクワク感のあるお飲み物をご紹介していきます。

尚、ベーシックティーレッスンでは簡単なレシピ紹介のみ。
アドバンスティーレッスンで実習、ディプロマコースでデザインティーのレシピ開発ができるようにノウハウ伝達となっております。

南青山紅茶教室 E-style

紅茶のレッスンを受けたその先に

紅茶のレッスンを受けたらどんな風に変わるのかしらと思われる方もいらっしゃると思います。
たくさんありますが、いくつかあげてみると

・ベーシックティーレッスンを受講していただけると、ご自宅で味、香りを堪能できるおいしい紅茶が楽しめます。

紅茶の淹れ方はコツさえつかめばとてもおいしく淹れられるのですが
それが浸透していないために通常皆様が口にされているのはいわゆる「色つきのお湯」「フレーバーに任せた紅茶」であることが多いです。

・アドバンスレッスン受講後にはインド、スリランカ、中国などの産地別旬の紅茶、「紅茶本来の味と香り」を理解することができ、紅茶の広がる魅力を感じることができます。
 「紅茶専門店に行くのが楽しくなった」
「家で飲む紅茶が一番おいしくなった」
という嬉しいお声を頂戴しています。

・おいしい紅茶を飲むことにこだわるとティーカップへの関心も深まります。
今まで何気なく見ていた、または手持ちのウエッジウッド、エインズレイ、リチャードジノリなどのティーカップへの見方も変わることでしょう。
オリジナルでポーセラーツ作品を作るのも楽しさが増すことでしょう。 

・おいしい紅茶を飲むためにテーブルを少し飾ってみようか
→テーブルコーディネート、花を飾ってみようか
→フラワーアレンジメントなどなど、紅茶の世界は広がります。

是非レッスン案内をご覧ください。
皆様のご参加を心よりお待ちしております。

E-style 中野 恵美子