時々耳にする。
「キラキラした世界」というワード。

それを尊敬の念で言葉にする人もいれば、
「私とは無縁な世界」と卑下する人もいる。

世の中には本当に「キラキラした」明るく、輝いている雰囲気が苦手な人もいる。
それは、それでよいと思う。

しかし、もったいないと思うのは「輝きたいのに私には無理」とあきらめている人だ。
本当にもったいない。

紅茶教室を10年以上開いてきて、たくさんの生徒様に出会ってきた。
その中でキラキラと光って見える方は
好奇心にあふれた目の輝きと、内側からあふれる明るいオーラを持っている。
そして人格的にも魅力的。


これは私の個人的な意見だけれど、幸いなことに生徒様ではお目にかからないけれど、


嫌味だったり、噂好きな人が輝いていると思えたことは一度もない。
むしろ陰りを感じる。

印象を決めるのに確かに身なりも大切かもしれない。
しかし、今はファストファッションでも着こなし次第で十分に
おしゃれができる。
また、ハイブランドを身につければ必ずしも幸せになれるとは限らない。
高い物を身に着けているか否かは、あまり関係ないように思える。

内面が、大切なのだと私は思う。

けれど、もし輝きたいのに自信がなければ、キラキラ光るものを身に着けてみるのも一つの方法。
最初は何でもいい。
ビジュのついた髪飾り、セーター、バッグのチャームでも。
その輝きに力を借りて一歩踏み出してみるのはどうだろう。
次にその輝きに負けないように、明るく自分自身が輝いてみてはどうだろう。

上手くいかなくても、少しずつ輝いてほしい。

忘れてはいけないのは輝き続けるにはエネルギーが必要ということ。
電灯ライトだって明るく照らし続けるには電気エネルギーが必要なように、

輝いて見える人は、絶えずエネルギーを注ぎ努力しているのだと私は感じている。

どんな輝きになるかは人それぞれ。
でも「キラキラヒカル」努力をしてみませんか?