「KuToo」という言葉が社会問題になってから
特に出勤時の女性の靴はスニーカーが増えたような気がする。

楽な時代になったものだと喜ぶ一方で、ヒールの高い靴への憧れは捨てきれない。

子供の頃からハイヒールが好きだった。
母が出かけると、靴箱からハイヒールを出し、玄関でそっと履いてみる。

子供の足には大きすぎたハイヒールだったけれど、パカパカと音を立てて歩いてみていた。
いつか大人になったら、ハイヒールを履いてみたいと。

初めて自分用のハイヒールが買えた時は本当に嬉しかった。

なのに、月日とともに私の足の筋力が下がり
どんどんと我儘になる。

靴が合わないと足が痛くて歩けないから、靴選びは切実な問題だ。

やっと合う靴を見つけても、自分の足に合った最高の状況になった時に「さよなら」が訪れる。

漫画や映画化された「新しい靴を買わなくちゃ」というフレーズを
最近は楽しめないでいる。

むしろ、お直しのショップは永遠になくならないで欲しいと願う。

今回も履き心地よく愛用していた靴が、かかとの部分が擦り切れてしまい
特殊なヒールのため廃棄せざるを得なくなった。
もう少し早く気づいて直しておけばよかったと悔やまれる。

仕方なく新しい靴を買い、今お互いに相性診断している感じです。

その一方でハイブランドの靴。
こういった靴を履くと背筋が伸びる。

クリスチャンルブタンの靴は高飛車。(あくまで私個人の感想)

「あなたの足が私(ルブタンの靴)に合わせなさいよ!」と言われている気がして
この靴を履いている時には足が痛いとか言えない。

そのデザインの美しさを私自身も堪能している感じです。

ピンポイントで履き、行きと帰りは持ってきたぺったんこの靴に履き替える。
「ありがとうございました」とルブタン様を崇めて持ち帰る。

そんなこんなで、私と相性のいい靴をまだまだ探し中。

新しい靴を買わなくちゃ!