【デザインティー®】とは、私と友人で作り上げた造語です。

ティーインストラクター仲間でもある友人が我が家に遊びに来てくれた時に
「主宰する紅茶教室に差別化するものを作りたい」と話したところ、

「何層にも分かれるセパレートティーが特徴的なので、これにオリジナルの名前をつけるのは
どうでしょう」ということになり、いくつかの候補の中から

【デザインティー®】が生まれました。

当時、グレープフルーツジュースと紅茶をセパレートさせた、セパレートティーは既にあったものの
他のバージョンはあまりなく、

サッカーワールドカップの応援がてら、グラスの中に国旗をイメージするものを作り出したのが始まりです。

何気なく作っていたのですが、SNSにアップすると友人からの評判がよく
名前もついたことから、商標登録を取得することにしました。

作り上げたレシピを守ることと、E-style独自であることを伝えたかったからです。

簡単にできそうですが、実は味のバランスが難しく
往々にして甘いものが出来上がってしまいます。

上手く作るには、紅茶やハーブの知識も必要なのです。

そして、「見てもおいしい!」がコンセプトなので
センスも大切。

業者に頼むことなく、行政の無料相談で取得した登録商標。
相談者の方からは「いい名前ですね」と褒めてもらえました。
名前の響きもそうですが、アレンジが効くという意味で褒めてもらえたのだと思います。

その後、ディプロマコースを作り、デザインティー®クリエイターが誕生し
その方々のみに、デザインティー®の名前の使用を許可しています。

彼女たちの知的財産を守るためにも、商標登録は役に立っているのではないかと思っています。

デザインティー®クリエイターたちの活躍により
【デザインティー®】の名前は広がっていきました。

セパレートティー=デザインティー®の名称だと思ってくださる方もいらっしゃり
この名前が広がっていくことは本当に嬉しいことでもあります。

それゆえに、一度【デザインティー®】について書いてみようと思いました。

実はコロナ禍になり、私のデザインティー®の新作ペースが落ちています。
芸術作品でもあるので、心が落ち着かないとよいものが生まれてこないのです。
おさぼりしている訳ではないのですが、
私にとって、心を映し出す作品なのかもしれません。

ワクチン接種も広がり、元の生活への光が見えてきました。

これからはペースを上げられそうです。

さて、冒頭の写真はデザインティー®を作り始めた頃のもの。
名前は「ジャパン」
日本の国旗をイメージし、勝利のゴールドを表しました。
オリンピックが開催されれば、これをレッスンで皆様で飲んでいただきたいです。

7月のベーシックコースは「アイスティーのおいしい淹れ方」です。
デザインティー®の基本もお話します。

日程はオンラインが7月5日10時30分~

対面レッスンは7月8日(木)11時~、10日(土)13時~

ベーシックコースは全6回。どの回から参加してもOKです。

詳細はホームページをごらんください。

ご一緒に紅茶の世界を楽しみませんか。