イギリス紅茶の旅 バース

世界遺産にもなっているこのバースのローマ浴場跡。

写真で見るとまるで入浴剤を入れたような

緑色のお風呂。

行ってみたいとずっと思っていました。

魅かれるのがソコですかという感じですが。

ウーバンアビーに行きたいとホテルのコンシェルジュに伝えた時

「バースの方がよっぽどいいよ」と言われたのも後押し。

そうよね、やっぱり行かなくちゃと。

ホテルから直結しているパディントン駅から

乗り換えなしで列車1本約1時間半で行かれます。

但し、オフタイムの9時半以降でないと料金が高くなるので

ご注意を。

これは紅茶の旅の前記事で記載しましたので

詳しくはこちらをご覧ください

さて、乗り換えなしのはずでしたが、

パディントンに列車が来るのが20分以上遅れました。

電光掲示板チェックは欠かせません。

何番線に乗るのかわからなくなります。

やっと乗り込み車窓の風景を楽しんでいたところ

アナウンスが入り、

「遅れを取り戻すためにバースには止まらないので

乗り換えてください」とのこと。

そんなことあるんだ・・・。

ということで、途中駅で乗り替えましたが

人がホームにあふれていて、

乗り切れるのか心配でしたが、

乗れましたし、座れました。

イギリス紅茶の旅 バース

到着したバースの駅。

意気揚々と歩いていたら、どうもメインと反対側に降りたみたいです(^^;

親切な方が「この先はプライベートな住宅地なので

何もないよと教えてくれました」

その住宅地はこちら。

イギリス紅茶の旅 バース

これも絵になるので、観光スポットとばかり思ってしまいました。

バースはローマ人がこの地にたどり着き

療養地にしたのが始まり。

日本でいう軽井沢のようなものかと感じました。

駅の表側には素敵なお店もたくさんありました。

イギリス紅茶の旅 バース

やっぱりこっちが表側でした^^

こんな素敵なテーブルウエアーのお店もあって

イギリス紅茶の旅 バース

インスタにあげたオウムの置物を買いました。

イギリス紅茶の旅 バース

INDIA JANE

サイトがご覧いただけると思います。

お写真を見るだけでも幸せな気分になれますよ♪

街にはハンギングフラワーが飾ってあって

それがよく風景に溶け込んでいました。

イギリス紅茶の旅 バース

紅茶の旅がテーマでしたので、

18世紀上流階級のお茶とダンス、カードの場所であったという

アッセンブリー・ルームズに行きました。

イギリス紅茶の旅 バース

ここは入場料なしで入れます。

紅茶を切り口にバースを語れば

イギリス宮廷文化に紅茶を広め、紅茶好きだった

アン女王がこの地を2度訪れたことにより

浴場整備に勢いがついたとガイドブックに記されています。

(アン女王と紅茶についてはこちらをご覧ください。)

ここで、貴婦人たちが紅茶を飲んでいたのだろうと

想像するのも楽しいです。

2階には服飾美術館があります。

覗きたかったのですが、ローマンバスと

時間があれば最近できたというスパにも入りたかったので

こちらはパス。

そして、ローマンバスには

古代ローマ人がいたのです♡

「写真を一緒に撮っていいですか?」と聞いたら

「もちろん。 マントの上に座って!」と言われ

満面の笑みのワタシ。

テルマエ・ロマエの世界!!夢心地♡

ちなみにこの写真は主人の撮影です(笑)

幸せなひと時でした^^

そして主人と古代ローマ人?との2ショット撮影をお願いしました。

「そういう趣味はないよ」的なことを言われて渋られましたが

請けてくれたので、

古代ローマ人はいい人なのだと思いました♪

私たちは変な夫婦かもしれません。

館内は日本語イヤホンを借りられます。

そこでやっと巡り合えた日本語でした~。

見どころ満載ですので、ゆっくり回れば1時間以上

かかります。

これだけお風呂やお風呂跡を見せられると

本当に入浴したくなります。

スパを目指しましたが、

途中また素敵なお店に引っかかり

結局スパでゆっくりとしている時間はなくなり諦めました。

残念。

スパの建物はこちら。

イギリス紅茶の旅 バース

スパのマークだと思って撮影してきたこの写真。

イギリス紅茶の旅 バース

「え~、日本のお風呂マークに似ているね」と

夫婦で盛り上がりましたが、

ロンドンにもあり、

金融機関のマークのようです。(不確かですが)

バースにあると尚更お風呂マークに見えます。

その後、パディントンに戻り、

閉館30分前にヴィクトリア&アルバートミュージアムに寄って

ティーカップの数々を堪能しました。

ハードスケジュールの紅茶の旅です。

美しいティーカップをご覧ください。

こちらは約500万点のコレクションを誇り、145の展示室で

絵画、彫刻のほか、家具、建築、服飾、装飾品などが

公開されています。

その礎を英国に広く紅茶文化を根付かせた

ヴィクトリア女王とその夫アルバート公が

作りました。

併設しているカフェも美しいとのこと。

是非行かれる方はお寄りください。

残念ながら私たちは滑り込めなかったのです。

充実した紅茶の旅。

紅茶はたくさん飲みましたが、

ゆっくりアフタヌーンティーをしている時間は取れませんでした。

また、有名どころほどかなり前からの予約が必要です。

優雅な時間をすごすことは日本でもできると信じ^^

紅茶の資料集めに走った紅茶の旅でした。