イギリス紅茶の旅 ケンジントン宮殿

森を抜けるとそこにあったのはケンジントン宮殿。

意外にこじんまりしていますが、

ダイアナ妃が住んでいたことでも有名、

そして現在はウイリアム王子とキャサリン妃がお住まいです。

入場料はありますが、撮影フリー、

展示物たくさんで

入場料を超えるものが得られます・・・と事前情報を得ていた通りでした。

入ると現在の城主ウイリアム王子、キャサリン妃のお写真と

イギリス紅茶の旅 ケンジントン宮殿

ダイアナ妃。その美しさに目を奪われます。

イギリス紅茶の旅 ケンジントン宮殿

他にもベーシックティーレッスン「紅茶の歴史」

にご参加くださった生徒様でしたら

「あ、見覚えがある!」と思ってくださるのでは。

メアリーとアン女王です。

アン女王はフォートナム&メイソンに繋がります。

その記事はこちらから

見学には4つのルートがあります。

1、The King’s State Apartments

ジョージ王朝時代

ジョージ二世とキャロライン王妃の輝かしい宮廷生活。

豪華に修復されたステート・アパートメンツに、

当時の音楽、ファッション、芸術が活き活きと再現されています。

王の階段というフォトスポットで写真を撮りました。

イギリス紅茶の旅 ケンジントン宮殿

威厳足りませんが(^^;

2、The Queen’s State Apartments

スチュアート王朝1690年代

憩いの間としてメアリー二世のために建造されたアパートメンツ。

メアリー二世が好んだシノワズリー。

イギリス紅茶の旅 ケンジントン宮殿

そしてベッド。

イギリス紅茶の旅 ケンジントン宮殿

パンフレットの説明は

この隣の部屋でメアリーが息を引き取ったとあります。

ということは、このベッドではなかったのでしょうか?

メアリ女王は1694年12月28日にこの隣の間で死去しました。

皆に愛されたこの女王は、その1週間前に天然痘にかかり、

身辺を整理していたといいます。

打ちひしがれた夫は、医師たちの意見を無視して、同じ部屋の

簡易ベッドで眠りました。女王は享年わずか32歳でした。

(マップ&インフォメーションより)

3、Victoria Revealed

ヴィクトリア女王 1690年代

王座にありながら、妻であり母であったヴィクトリア女王が

少女時代を過ごした部屋。

ヴィクトリア女王のドレスも飾られていました。

イギリス紅茶の旅 ケンジントン宮殿

結婚式に白いドレスを着たことから

ウエディングドレスが始まったと言われています。

女王と子供たちの肖像画もたくさんありました。

4、Modern Royals

ウインザー王朝 1900年

ダイアナ妃のドレスの展示も多数。

イギリス紅茶の旅 ケンジントン宮殿

長身だったことがわかります。

他にもたくさんお写真を撮ってきたのですが、

載せきれません~。

そして、お庭でガーデンパーティーが開かれていました。

イギリス紅茶の旅 ケンジントン宮殿

子供たちがゲームをやって遊んでいましたが、

まるで中世にタイムスリップしたみたい。

こんなディスプレイもあり、

キュウリと生姜のシャーベットを食べました。

意外な組み合わせですが、

さっぱりとしていて美味しかったです。

お庭を進むとオランジェリーが。

イギリス紅茶の旅 ケンジントン宮殿

これは温室の跡地なんですよ。

紅茶好きなアン女王が作らせた

オレンジの温室。

なんて広い温室なんでしょうか。

寒いイギリスではオレンジは温室がないと育ちませんでした。

なので、とても高級品だったんですよ。

キュウリも同様なんです。

こちらでアフタヌーンティーを楽しむことができます。

パラソルの下でも皆様アフタヌーンティーを楽しんでいました。

中はこんな素敵な空間。

イギリス紅茶の旅 ケンジントン宮殿

もちろん、混んでいて30分~1時間程待ちます。

ケンジントン宮殿に着いたら、まず予約を入れておくことを

お勧めいたします。

私たちは帰国の飛行機が間に合わなくなるので

ここでのアフタヌーンティーも断念。

併設されていたティーショップで

紙コップの紅茶を飲みました( ;∀;)

鳩がやってきて怖かったので、

すぐに退散することができ、よかったです。

たくさん巡った紅茶の旅。

しかし充実のあまり、アフタヌーンティーを楽しむことは

できませんでした。

それでも、紙コップの紅茶でもなんでも

均一して美味しく

紅茶の国であることを感じました。