お庭といえど、ゴルフ場やサファリパークまで併設しているので

果てしなく広い敷地です。

「我が家の何個分だろう?」とつぶやいたら

主人に「うちを基準にするのはやめなさい」と言われました。

確かに(笑)基準が小さすぎる。

東京ドームさえ、いくつ入るんだろう。

お屋敷のすぐ近くにはティールームがあります。

ここは簡単なティールームです。

アフタヌーンティーの予約が取れなかった私たちは

ここでプチアフタヌーンセットを自分たちで作りました。

キューカンバーではなくハムサンドですが・・・。

クロテッドクリームとストロベリージャムが挟まっているスコーン。

塗る手間が省けてよいわと。

美味しかったですよ。

アフタヌーンティーは別の建物になるようです。

写真だけ撮ってきました。

イギリス紅茶の旅 ウーバンアビー

日本から予約を早目に入れた方がよさそうです。

美しいお庭のお写真もご覧ください。

イギリス紅茶の旅 ウーバンアビー

ジェンガや遊具が置いてあって、オシャレなんですよ。

イギリス紅茶の旅 ウーバンアビー

イギリスのガーデンは紫やピンクが映えますね。

イギリス紅茶の旅 ウーバンアビー

池もありました。

イギリス紅茶の旅 ウーバンアビー

夏でも涼しい日が多いイギリスですが、この日は

とても暑かったです。

イギリス紅茶の旅 ウーバンアビー

陽ざしが眩しかった♪

お屋敷の裏側にはシンボルツリーのような

大きな木が。

イギリス紅茶の旅 ウーバンアビー

歴史を見守ってきたのでしょうね。

さて、電車の本数が少なそうだったので、

名残惜しかったのですが、早目に戻ることにしました。

お土産売り場でタクシーを余裕を持って呼んでもらったのですが、

時間になっても来ない・・・。

10分待っても来ない。

もう一度電話してもらって、やっと来たタクシー。

ウーバンサンズまで15分程の距離だったのですが、

10分で行ってもらい最後は走って列車に飛び乗るという

スリリングなことに。

次の列車は1時間半後でしたから

乗れてよかったです。

ちなみに帰りの列車は1両のみの列車でした

しかし、ウーバンアビーには

結構人がいました。

ほとんどが白人で日本人にはお目にかかりませんでしたが。

皆さん観光バスで来ているようでした。

ダウントンアビーの人気もあり、

注目されているのではと思ったのですが、

どんなツアーに入られて来ているのか

知りたいところです。

皆様、タクシーで行かれる場合には

本当に時間に余裕を持って行かれた方がよいと思います!

交通事情が許せばとても素敵なところなので

イギリスに行く機会がありましたら

是非ぜひ行ってみてください。

お勧めの観光スポットです。