車窓からは、馬や羊の群れが見えました。

が、あっという間に通り過ぎる感じです。

駅に到着!

ジョサイア・ウエッジウッドが出迎えてくれました。

手にはポートランドの壺が。

そこからポッタリーズミュージアム&アートギャラリーに向かうハズが、

違う情報を見てしまい、

何故かポッタリーズショッピングセンターに行ってしまいます。

バスに乗ったのがいけなかった。

もうびっくりでした。

素直に駅からタクシーに乗るのがおすすめです。

本当はここに行きたかったんです。

(ユートラベルからお写真お借りしました)

ロスタイム1時間。

結局ミュージアムは諦めて、ウエッジウッドのファクトリーにタクシーで。

広い草原に建っているファクトリー。

タクシーは時間を決めて迎えに来てもらうのがよいと思います。

ミュージアムと工場、ショップがあります。

ミュージアムはお写真OKでしたが工場見学は

NGでした。

ジャスパーの色見本も。

ウエッジウッド広報の方が、新しいデザインを考える時に

古いデザインにヒントがあると言っていたのを思い出しました。

たくさんの作品がありました。

工場見学にはガイドがついてくれるのですが、

英語のみです。

同行した方々は専門知識がある方が多いようでした。

質問もたくさんしていて、職人さんから道具を借りて

しげしげと眺めていらっしゃいました。

日本語は館内に貼ってある

「お手を触れないでください」のみでした(^^;

ティールームではやはりミルクをたっぷり入れて

紅茶を飲みました。

もちろん、ウエッジウッドの食器が使われています。

ショップでは素敵なものがたくさん販売されていました。

インスタで紹介しましたが、私が買ってきたティーカップはこちらです。

このオレンジのものです。

カップ&ソーサーとデザートプレートのセット。

4 for 3というのを見逃しませんでした。

3セットのお値段で4セット買えるということ。

日本に送ってくれますが、送料で

もう1セット買えるお値段でしたので

持ち帰りました。

まぁ、重かったです(笑)

アウトレットショップもありました。

ウエッジウッド以外のものも販売されています。

びっくりする程お安いお値段です。

重いのでアウトレットはやめました。

こんな素敵なフィギュアもありましたよ。

お庭にはティーカップやポットのオブジェがありました。

あっという間に時間がすぎ、

今回はウエッジウッドのみでロンドンに帰りました。

他にもスポード窯があるようです。

宿泊し、ゆっくり回られるのもよいかと思います。

ロンドンに比べて肌寒い気がしました。

行かれる際には、少し厚着をされたほうがよいかもしれません。