イギリスの交通事情はロンドンを中心に列車が運行していて

横の路線がないとのこと。

ロンドンを起点に日帰りで巡ることにしましたので

パディントンにあるヒルトンホテルに泊まりました。

パディントン駅は国鉄、地下鉄どちらも通っていて

ヒルトンホテルは駅から徒歩1分。

というか、駅を出たらすぐにホテルです。

非常に便利がよいです。

ロンドン市内だけではなく、あちらこちらに行く旅は

こうした立地重視の宿泊先が便利だと思います。

ただ、Wi-Fiはロビーだけでした。

主人が国際ローミングをし

テザリングで私に飛ばしてくれました。

主人からはぐれたらWi-Fiが使えないので

迷子にならないように必死でした^^

お部屋は広く、心地よかったです。

素敵なお部屋でしたが、滞在時間は寝る時だけ。

そして時差により、日本では絶対にできない超早起きに!

朝食は典型的なイングリッシュブレックファースト。

ソーセージ、ベーコン、ハム、卵料理、豆料理、サラダ、パン、

シリアル、ヨーグルト、フルーツなどなどと盛りだくさん。

イギリス特有のブラックプディングもありました。

写真の黒いソーセジがそれです。

ブラックプディングとは血液を材料として加えたソーセージのこと。

トライしましたが、日本人の私にはなかなか合いません(;O;)

そしてミルクをたっぷりと入れて紅茶を。

ティーバッグでしたが、とてもおいしく毎朝いただいていました。

後ほど詳細を記事にしますが、

イギリスの紅茶はほぼ90%がティーバッグとして

利用されているのが現状です。