イギリスではキャロライン ホープ先生の

ティーレッスンを受けてきました。

ノッティングヒルに近い閑静な住宅街にサロンはあります。

「とても静かなところなのに、先週はブラジルのカーニバルがあって

通りは賑わい、大変だったわ。」

そうおっしゃっていました。

レッスンはAll English.

昔は仕事がら日常会話がまあまあできたけれど

今は英語なんて全く使わない生活。

そのレベルはとても低くなっているので^_^;

恭子さんが適宜通訳してくれました。

「イギリス人は紅茶を良く飲むと言われるけれど

最近はコーヒー文化も普及し飲物が多様化していると聞きます。

現在のイギリスの紅茶事情を知りたいです。」と質問しました。

キャロライン先生は、

「それはとてもよい質問!」と言ってくれて

イギリス人にとっての紅茶の意味と

現在の紅茶事情を教えてくれました。

イギリス紅茶の旅 ティーレッスン

それについては、また私のレッスンで皆様に

お伝えしていきたいと思います。

貴重な機会に一言も聞き洩らしたくなかったのと、

曖昧に解釈したくなかったので、

恭子さんに何度も細かく通訳してもらいました。

イギリス紅茶の旅 ティーレッスン

左からchi-☆さん、私、キャロライン先生、恭子さん♡

先生お手製の卵を使わないスコーンはサクサクで

とても美味しかったです。

イギリス紅茶の旅 ティーレッスン

また、イギリスブランドのオススメ紅茶も教えていただきました。

「フォートナム&メイソンでは缶に入っているものではなくて

カウンターで購入したほうが美味しい紅茶に巡り会える」と

情報をいただき、

その通り、カウンターで購入。

イギリス紅茶の旅 フォートナム&メイソン

カメラ設定が変わってしまっていたため、ブレた写真で失礼します。

「フォートナム&メイソン」は

私のレッスン「紅茶と歴史」でお話しています

アン女王と密接な繋がりがあります。

アン女王の元に仕えていたフォートナムが

宮殿で使用していたキャンドルを販売し、

メイソン氏とともにフォートナム&メイソンを立ち上げました。

一見裏玄関に見えるこちらの出入り口。

イギリス紅茶の旅 フォートナム&メイソン

ここにキャンドルを持ったフォートナムの像があります。

訪れたら是非探してみてください。

感動しますよ。

イギリス紅茶の旅 フォートナム&メイソン

店内には原点のなるキャンドルや

イギリス紅茶の旅 フォートナム&メイソン

女王が使うものと同じレベルのものを集めた歴史そのままに

素敵なものづくし。

私はここで、クッキーと先にご紹介したカウンターで

「クイーンアン」という紅茶を購入しました。

缶入りのものは日本でも購入できます。

イギリスを思い浮かべながら紅茶を是非召し上がってください。

イギリス紅茶の旅 フォートナム&メイソン

またフォートナム&メイソンのショーウインドーは

テーマにより変わり、こちらも通りがかる人の楽しみになっています。

今回はアリスでした。

イギリス紅茶の旅 フォートナム&メイソン

かわいいティーポットです。

そして、もう一つの老舗紅茶店は

日本でもおなじみのトワイニングス。

イギリス紅茶の旅 トワイニングス

店の間口に税金がかけられた頃に建てたので

入り口は狭いのです。

が、奥に広く

中には歴代のトワイニング家の肖像画や

茶道具が飾られていて

小さな博物館のようです。

ティーキャディーボックスも飾ってありました。

イギリス紅茶の旅 トワイニングス

こちらも是非巡ってみてください。

私はやはりカウンターで、ラベンダーアールグレイを購入しました。

香りが強く、日本では見ない紅茶です。

フォートナム&メイソンはピカデリーサーカスに、

トワイニングはテンプル駅から徒歩5分くらいです。

紅茶の世界は奥深いと学んだ紅茶の旅でした。