紅茶を学ぶとアンティークに繋がります。

当時貴重だったお茶は王侯貴族しか口にすることが

できませんでした。

故に、富のある者によって美しい茶道具も

あつらわれます。

シルバーポットなど、いくつかは持っていますが

せっかくイギリスに行くのだから

その記念に、またアンティークがどのように

売られているのかを実際に目にしたくて

お店をまわりたいと思いました。

これが事前準備に大変苦労しました。

マニアックでコアな情報でしたので、

知っている人がいないんです。

ガイドブックにいくつか掲載はあるものの

それがよいのかわからない。

日本の旅行社に聞いてみても

私が頼んだのは一般的な旅行社だったので

専門的なものはわからないとのこと。

それでも担当の方が個人的に調べてくださり感謝しています。

紅茶の旅①プロローグでご紹介しましたShoko_Londonさんの情報がとても助かりました。

また同行してくれた恭子さんにも案内してもらい

スムーズに巡ることができました。

ロンドンから遠出をしないといけないかなと思っていましたが

そんなことはなく、

市内にある

ポートペローマーケットが私のオススメです。

注意しないといけないのは

金曜日と土曜日(祝日除く)のみ開催していること。

(一部店舗は毎日開催しています。)

映画「ノッティングヒルの恋人」でも

このポートペローマーケットが出てきますが、

「本物も偽物も売っている」と紹介しています。

本当にいろいろあって、心躍るマーケットです。

そこで、私は以前から欲しかった

ティーキャディーを探しました。

お茶を入れる木箱のことですが、

当時は本当にお茶は高価なものでしたので

使用人には任せられず、奥様が木箱に鍵をかけ

首にかけていたという話もあります。

恭子さんが調べて連れて行ってくれたのは

MICHAEL BARHAM

ショップカードをもらってきたのでリンクしました。

アンティーク好きの方でしたら

こちらのサイトを見ているだけでも幸せな気分になるはず♪

店内は木箱類の外に家具やシルバー製品も

たくさんありました。

こちらのお店はきちんとしたものを販売していると

恭子さんのお墨付き♪

私はこちらでこのティーキャディーを買いました。

ちゃんと鍵もついています!

1830年製です。

ずっと欲しかったので嬉しかったです。

他にポートペローでは別のお店でこちらも購入。

ここは、多少怪しい感じでしたが(笑)

その割には負けてくれず、そこそこお値段がいたしました。

メッキではなく銀製品です。

マスタードを入れるもので4個セットなのですが、

4個めにはスプーンがついていなかったのです。

「似たものを合わせればよい」と

言われましたが、それはね~。

「これは?、これは??」

と次々に出してくれましたが、

どう見ても全然違う・・・。

でもなんだか魅かれたので3個だけ購入したんですよ。

アンティークは出会いですからね^^

また珍しいティーキャディーボックスを恭子さんの

知り合いのお店で見せてもらい、写真を撮ってきました。

「日本の皆さんに紹介したいです。」と言ったら

OKしてくれました。

ものすご~い大きいんですよ。

まさに茶箱というサイズです。

写真から伝わりますでしょうか?

大柄なイギリス人の男性が持ってこのサイズでした。

また、別の日に恭子さんのアテンドなしで

同じくロンドン市内のシルバーボルトに行きました。

ホルボルーン駅から徒歩5分。

ほぼシルバー専門のアーケードです。

業者さんがよく訪れる場所だそうです。

ここは本当に本格的なシルバー製品があります。

美しくキラキラ輝くものがこんなにあるのだ!と

思うほど。

宮殿のシルバー製品を集めたようでした。

本当に貴族がたくさんの銀製品を持っていたと

推測されます。

ビルの地下がアーケードで20くらいでしょうか

お店が入っているのですが

入館は荷物チェックされます。

素晴らしすぎてこちらでは目の保養に留めました。

私がいわゆる芸術品のアンティークを買い物リストに入れなかったのは

お値段もそうですが、後に記述する

ウーバンアビーの館を訪れて感じたことが大きかったのです。

そしてグレイスアンティークマーケットもまわりました。

同様ロンドン市内、ボンドストリート駅近くにあります。

また、近くにヒギンスの紅茶のお店があります。

ここはそうお店の数はなかったのですが、

ブースNO.125 AMS ANTIQUES

で、こちらを購入しました。

周りはシルバー、アメジスト色のガラスで作った

小菓子を入れるものですが、

「何を入れるかはあなたの自由」ということで

スコーンのジャムとクロテッドクリームに使おうと思います。

比較的新しく1912年もの。

でも100年経っているのでアンティークです。

きちんとしたお店は保証書のようなものを

書いてくれます。

他に店内には魅力的な品々が。

お写真撮ってよかったのでたくさん撮りました。

こうしたお店は現金を持って行った方がまけてくれます。

値段交渉をして「もう!殺す気?!」なんて

言われて頑張ったのに

「カードで」と言ったら

手数料がかかるからと値段が上がりました

残念でした(笑)

お店にSimoneがいたら、よろしくお伝えください。

明るい女性です。

アンティークマーケットは宝探しのようで、

とても楽しい時間でした。

アンティーク好きの方、

イギリスに行ったら是非これらのアンティークマーケットを巡ってみてください。

おすすめです。